FC2ブログ

最近観た映画

なんとなくリニューアルして再開

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.30.Thu

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

あらすじ:トモダチは魔法シーズン1
買取不可のお宝のせいで悪党に追われたから、ムショの仲間と一緒に頑張ります。


ポイント:往年の名曲にのせてイロモノアウトロー集団の大活劇

監督のジェームズ・ガンは、アクの強い作品の印象があったけど、蓋を開ければ安心して見れました。流石ディズニーマジック。スターウォーズ的な他の惑星感など美術もよかったです。

キャラ的には、ロケット有能すぎで、一番活躍してないのが、スターロードだったり。ピー音がわりの爆発とか子供に配慮しながらもネタとして面白いと思いました。what the f(爆発音)

ゴーストバスターズ的なコメディアクションといった感じで、楽しかったよ。
スポンサーサイト
2014.09.05.Fri

『クライマー パタゴニアの彼方へ』

ストーリー:素手と命綱だけでセロトーレを登ります。
フリークライム王者が南米難航不落の山に挑戦します。3年かかりました。



ポイント:終盤のFPS的なクライミングの臨場感

終盤はこれでもかと、主人公デビット・ラマ視点の映像が盛りだくさんです。
山の絶景、高所感、世界レベルの山登りの疑似体験できるので楽しい。そして手に汗握る。「そこに手かけて登るのかよ! 怖い! 凄い!」ってずっと思ってました。

過酷な山登りと絶景が登山経験者にはグッときました。単純に山ってやっぱり良いなあと思うので素晴らしい。クライマーからアルピニストへの変化や精神面の成長も押さえています。

あとドキュメンタリー自体久々に見たせいか、編集って偉大だなあと思いました。ベースから断崖絶壁にたどり着くまでも山登りなんですが、そこはカットしてある分テンポは良かった。基本的にデビットVSセロトーレの絶壁をメインに据えています。

序盤にセロトーレ山の登山の歴史とかも序盤で描いて(疑惑の初登頂と、コンプレッサーで足場つくって登ったとか)いわくつきの山と印象付けたりするのも良かったと思います。他にも、小芝居?なシーンもあるけど、逆に微笑ましかったです。
2014.08.31.Sun

『LUCY ルーシー』

ストーリー:脳味噌フル回転したら超能力使えるようになった。
コリアンマフィアを避けながら、博士に助けてもらいに行くよ。



ポイント:悪役側とカーアクションが良いキャラ映画

もうね、チェ・ミンシクの悪役ぶりが素晴らしい。字幕なしの韓国語とあいまって怖い。リュックベッソンは悪役描くのは上手い気がします。手下の千原ジュニアっぽい俳優もキャラ立ってたし結構見せ場あった。

SFと思いきや、B級ホラーチックだったりしますが、最後はヤクザ映画っぽくなります。銃撃戦カッコいいけど、逆に超能力の印象が薄まってしまいました。

台湾にコリアンマフィアはじめ、話とか演出とか突っ込みたくなります。しかし、リョナあり、透けブラありでスカヨハ好きな男性にはいいと思います。
2014.08.26.Tue

『STAND BY ME ドラえもん』

ストーリー:あんな娘といいなデキたらいいな
貧乏なのは先祖が悪いので過去にロボット送って修正します。



ポイント:涙腺壊す気満々の名エピソード詰合せ

一話+結婚前夜+さようならドラえもん等です。卑怯すぎるだろ。
しずかちゃんとの馴れ初めと、ドラえもんの出会いと別れがメイン。

未来の自分やオチのせいで、のび太があまり成長してない印象があります。
しずかちゃん、ダメ男に引っかかってしまうタイプなんだな……と思った。
一応「怠け者→ドラえもんに頼ってでも解決→自分の力で解決」、「自分の幸せ→他人の幸せ」にはなってるので微かながらも成長しているけどね。あまりにも立派な人間になってしまったら、ドラえもんも帰ってきてくれないので仕方無いです。

個人的にはCGの質感も良かったし、わさびドラも良いです。しずかちゃんかわいい。宣伝通り「ドラ泣き」できる作品になっているので安心して観れました。

*以下ネタバレしてます
2014.08.16.Sat

『バトルフロント』

ストーリー:守りたい、この笑顔
元刑事が隠居した田舎でご近所トラブルに巻き込まれて麻薬組織を潰します。



ポイント:強くて優しくてカッコいいパパ(ハゲ)と可愛い娘

女性・子どもに優しいキャラとしなやかな格闘という安定のジェイソン・ステイサムが観れます。そして長髪(ヅラ)ステイサムという珍しい画も見れて楽しい。
あと娘役のIzabela Vidovicちゃんが可愛かった。

話的にはジェームズ・フランコ演じるメイン敵の小物感が強くてハラハラドキドキ感がない。複線回収や膨らませ方に惜しいところもあるなど残念な点も多いが、仲良し父娘にほのぼの出来て良いと思います。

 | HOME |  OLD »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。